みかん肌 おでこ

おでこのみかん肌と治し方。

おでこのみかん肌と治し方。

おでこのみかん肌というとあまりピンと来ないかもしれませんが、実はおでこにもみかん肌ができてしまいます。

 

おでこは顔の中でも前髪が直接触れてしまう部分でもあり、Tゾーンと言われ皮脂の分泌も多く、ニキビができやすい場所。

 

よってたくさんのニキビができたり治ったりを繰り返して、みかん肌になりやすい場所なのです。

 

そもそも、みかん肌になる原因は

  1. ニキビ跡
  2. 肌荒れ跡
  3. 毛穴の開きによるもの。

おでこのみかん肌の場合も、どのパターンも当てはまってきます。

 

それではこのページで、おでこのみかん肌の治し方を解説していきます。

 

おでこはみかん肌になりやすい!

おでこのみかん肌と治し方。

おでこのみかん肌は皮脂が特に関わってきます。

 

思春期ニキビと大人ニキビでは、できる理由は違いますがいずれも皮脂によってできるもの。その皮脂の分泌が多いおでこは他の部分よりニキビができやすくなってしまいます。

 

また髪の毛が触れてしまうことで清潔に保ちづらいこともあり、菌の繁殖が起こりやすくなおさらニキビができやすい場所。

 

ニキビが多くできる分ニキビ跡になりやすくみかん肌につながっていくのです。

 

清潔に保ちづらい場所であることから肌荒れによる炎症も起こしやすく、ニキビ跡と同様に肌荒れ跡の肌の凹凸であるみかん肌になりやすくなります。

 

毛穴トラブルも同様。

 

皮脂が多いと毛穴内の汚れがすべて排出できずに、毛穴を拡げ詰まらせる原因となります。

 

これによって毛穴の詰まり、開きを引き起こしみかん肌になってしまうのです。

 

おでこのみかん肌を防ぐために注目するべきは皮脂のバランス。皮脂を適量に抑えることが、おでこのみかん肌改善につながります。

 

皮脂は必要なもの!過剰な分泌を抑えることが重要。

ニキビ、肌荒れ、毛穴のポツポツ。これらの原因が皮脂と言うと、皮脂は不要なものだと考えてしまいがちです。しかし、皮脂は決して不要なものではありません。日中、気づくと皮脂で顔がテカってしまい恥ずかしいと思うこともありますが、皮脂は人間にとって大切な役割をしています。皮脂の役割としては、水分の蒸発を防ぐことで肌を保湿し、菌の浸入を防ぎ、紫外線やホコリなどからも肌を守っています。皮脂と汗が混ざることで、天然のクリームと呼ばれる皮脂膜をつくり、これらの働きをしています。他にも肌の柔軟性や弾力性にも関わっており、遮熱効果もあることから暑さや寒さからも守る効果もあると言われています。皮脂は肌をバリアしてくれるものであり、決して不要なものではないのです。しかしながら皮脂が過剰に分泌されることでみかん肌などの肌トラブルにつながってしまいます。この皮脂の分泌を適量に抑え、皮脂の代わりに肌に潤いを与えることでおでこの肌トラブルを防ぎます。

 

おでこの皮脂が過剰に分泌されるワケ!

皮脂が過剰に分泌される理由は、皮脂膜を必要以上に奪っていることや、ホルモンバランスの変化です。具体的に言うと、洗顔のしすぎ、あぶらとり紙の高頻度の使用、ストレスや睡眠不足などが考えられます。皮脂は水分の蒸発を防ぐ役割があるので、洗顔などによって必要な皮脂が奪われると肌は乾燥していると感じるために、肌をバリアするために皮脂を多く分泌します。これが悪循環となり皮脂の過剰分泌になるのです。ですからあぶらとり紙は回数を控えること、また洗顔は皮脂を取りつつ肌に潤いを与えるものが必要です。

 

タイプ別!おでこのみかん肌の治し方。

おでこのみかん肌と治し方。

おでこのみかん肌を治すには、まずはご自分のみかん肌のタイプがどれであるかを見極めましょう。

 

ニキビなのか、肌荒れなのか、毛穴トラブルなのか。

 

それがわかれば、タイプに合ったスキンケア商品を使ってケアをしていきます。

 

ニキビ、ニキビ跡が原因の場合はまずは洗顔によるニキビ予防。化粧水による凸凹のケアを行います。

 

肌荒れの場合も化粧水による凸凹のケア。

 

毛穴トラブルの場合は洗顔による毛穴洗浄と化粧水による毛穴の引き締めです。

 

またいずれのみかん肌も、超音波美顔器を使うことでより治りがキレイになります。こちらも必ずお使いください。

 

以下にタイプごと最適な商品をピックアップしていますので、その中からご自分のみかん肌に合わせてお選びください。

 

 

継続は力なり。みかん肌を隠すことより治すこと!

おでこのみかん肌と治し方。

おでこに関わらず、みかん肌すぐに治るものではありません。

 

有効な洗顔、化粧水でのケア、生活習慣を継続することで治すことができます。

 

みかん肌は化粧ノリも悪くなり、不潔に感じてしまうこともあります。そのために、みかん肌になってしまうと化粧で隠そうとしたり、おでこのみかん肌は前髪で隠してしまいがちです。

 

しかし、化粧を濃くすることでも、みかん肌の原因となる毛穴のつまりを引き起こしやすくなります。

 

また前髪も刺激になりニキビや肌荒れを悪化させてしまう恐れがあります。

 

根本的にみかん肌を治すためには、隠すことに力を注ぐよりも、正しい洗顔やケアに力を注ぐことをオススメします。

 

キチンとケアを行うことで肌そのものがキレイになっていきますので、地道にしっかりスキンケアを継続することが大切です。

 

このサイトではみかん肌を治す知識について解説しておりますので、ぜひ実践してキレイなアナタを取り戻してくださいね!

 

>>みかん肌の治し方辞典!トップ<<

 

おでこのみかん肌と治し方。→おさらい!

  • おでこは皮脂が多い!よってニキビの他、毛穴詰まりも起きやすくみかん肌になりやすい。
  • 皮脂がみかん肌につながるとは言っても、皮脂は肌のバリアとして必要なもの。適度に取って、その後潤しておくことが重要。
  • ニキビ、肌荒れ、毛穴トラブル。それぞれのみかん肌タイプに合ったスキンケア商品を使うことでおでこのみかん肌は治せる。
  • みかん肌を治すには継続する心が大事。

シェアありがとうございます。少しでも多くのみかん肌を救えるよう努めてまいります。