みかん肌 鼻

鼻のみかん肌と治し方。

鼻のみかん肌と治し方。

毛穴の拡がりやポツポツ、肌のデコボコなど、見た目にも恥ずかしいみかん肌。このみかん肌は頬やおでこだけではなく、鼻にもできてしまいます。特に鼻は毛穴のポツポツが目立ちとても不潔な印象を与えてしまい困りもの。

 

この鼻のみかん肌をファンデーションで隠そうとすると、余計に毛穴詰まりを起こし、ファンデーションのによるポツポツができてしまいます。

 

みかん肌は鏡を見るたびに気持ちもへこんでしまい、早く解決したいものですよね。しかしここで間違ったケアをしてしまう人は多いのです。

 

その一つが毛穴パック。鼻のポツポツの原因でもある毛穴に詰まっている角栓を、毛穴パックでごっそりと取った経験がある方も多いと思います。

 

しかし実は毛穴パックでは鼻のみかん肌の解消はできません。毛穴パックにギッシリとついた角栓を見ると気分がスッキリ!でも次の週にはまた毛穴パックをすると、また同じように角栓が取れてくるのです。

 

毛穴パックをしても、その後の毛穴の引き締め、洗浄、肌のバリアをしなければ、またすぐに汚れが入り込んでしまいます。

 

よって毛穴パックでは鼻のみかん肌は解決しません。

 

みかん肌を解消するためには目先の解消ではない正しいケアを行う必要があります。それではこの以下にて鼻のみかん肌の間違ったケアと、正しいケアについて解説していきます。

 

鼻のみかん肌の原因。

みかん肌は、ニキビ跡や肌荒れの跡によるデコボコ、また角栓などが毛穴に詰まることによる毛穴が拡がりが原因です。特に鼻は皮脂の分泌が多い箇所。皮脂が多ければアクネ菌が増殖しやすくなりニキビができます。さらに毛穴に汚れや角栓がたまりやすくなるので毛穴も詰まりやすく、みかん肌になりやすいのです。鼻のみかん肌の場合、ニキビや肌荒れよりも毛穴詰まりが原因になっていることが圧倒的に多いです。毛穴詰まりやポツポツがある場合は毛穴タイプ。クレーターやデコボコになっているのがニキビ跡や肌荒れ跡タイプです。どちらのタイプかを見極め、それに合ったケアを行いましょう。

 

鼻みかん肌の正しい治し方。

ニキビとニキビ跡の鼻みかん肌。

鼻のみかん肌と治し方。

ニキビには段階があり、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビと順に悪化していきます。

 

赤ニキビはアクネ菌によって炎症を起こし、黄ニキビはさらに炎症から膿が出ている状態となり、ニキビ跡になってしまいます。

 

白ニキビは毛穴が詰まりぷくっとしている段階、黒ニキビは白ニキビより皮脂が多くなり酸化している状態です。

 

白ニキビや黒ニキビの段階でニキビを解消できればニキビ跡にはなりにくいです。

 

ですからニキビができやすい人はニキビをできるだけ早く治すことに徹してください。

 

ニキビを予防する、ニキビを早く治すにはニキビ用の洗顔を使うことが最善策。具体的にはニキビ用洗顔ノンエーがオススメです。

 

またニキビを潰してしまうと、それが肌を傷つけニキビ跡になってしまうことがあります。ニキビは絶対に潰さず、必ず洗顔によるケアを行ってください。

 

ニキビ跡になっている場合ですが、鼻の場合は少々やっかい。筋肉が固いためクレーターはなかなか思うようになくなりません。肌の入れ替えによりデコボコをなくしていく化粧水リプロスキンと、美顔器エステナードソニックを使って肌の入れ替えと再生、平らに慣らす作業を行います。

 

とにかく時間がかかり、最初は変化をまったく感じないこともあります。ここは3ヶ月以上を目処に気長にケアを継続していきましょう。

 

 

肌荒れの鼻みかん肌。

鼻のみかん肌と治し方。

肌荒れのみかん肌も、ニキビ跡同様、化粧水にて肌の入れ替えを行い、美顔器エステナードソニックで平らに慣らしていく作業を行います。

 

肌荒れしやすい人はそれだけ肌がデリケートとも言えます。ちょっとした刺激でまた鼻が荒れてしまうこともあり注意が必要です。

 

使用する化粧水はリプロスキンでも良いですが、肌へのやさしさを重視するなら肌そのものをいじらずに表面からデコボコを治していくアクレケアがオススメです。

 

こちらも最初は変化がない場合が多いですが、3ヶ月以上のケアを継続していくことが肝心です。

 

 

毛穴の角栓詰まり。

鼻のみかん肌と治し方。

鼻のみかん肌の大半を占めるのが毛穴詰まり。

 

毛穴パックは粘着シートを肌に直接貼り付けることによって、角栓とともに角質もはがし取ってしまいます。角質は肌の保湿やバリア機能を行っている場所でもあり、必要な角質も奪われると、乾燥や肌トラブルを招くことにつながります。

 

また角栓を毛抜きや爪で押し出す方法も、肌に負担をかけるとともに、雑菌がついてしまい炎症を起こす可能性がでてしまいます。

 

ですからこのような無理矢理な鼻の角栓取りは絶対にやめましょう。

 

角栓を取る正しい方法は、毛穴ケア用の洗顔と化粧水を使うこと。毛穴用洗顔でやさしく角栓を取り、次に毛穴用化粧水でバリアをしながら毛穴を引き締めていきます。

 

鼻のポツポツが少しずつなくなればデコボコも消え、滑らかでキレイな鼻になっていきます。

 

具体的な毛穴ケアセットは、最初にコーセー米肌を使ってみると良いでしょう。それでも満足に毛穴が引き締まらない場合、もっと強力な毛穴の引き締めができるビーグレンの毛穴ケアセットに切り替えてみてください。

 

同時に超音波美顔器を使いながら肌と筋肉をほぐしキレイに形成させていきます。

 

 

鼻にかぎらず、みかん肌はとても恥ずかしい肌トラブル。このサイトではみかん肌のタイプ別に、最適なスキンケア商品と治し方のコツについて解説しておりますのでぜひお役立てください。

 

>>みかん肌の治し方辞典!トップ<<

 

鼻のみかん肌と治し方。→おさらい!

  • 鼻のみかん肌も、主な原因はニキビ、ニキビ跡、肌荒れ跡、毛穴詰まり。
  • 中でも鼻のみかん肌の大半を占めるのが、毛穴詰まり。
  • 鼻は皮脂が多く出やすい箇所なので、ニキビも毛穴詰まりも起こしやすい。
  • ニキビ、ニキビ跡のみかん肌は、ニキビ洗顔ノンエー、化粧水リプロスキン、美顔器エステナードソニックで治す。
  • 肌荒れ跡のみかん肌は、アクレケア、美顔器エステナードソニックで、長期間気長なケアを。
  • 毛穴詰まりのみかん肌は、毛穴ケアセットにて洗顔、毛穴の引き締めを行う。
  • いずれのタイプも、鼻は筋肉が固いため時間がかかる。気長に継続することがカギ。

シェアありがとうございます。少しでも多くのみかん肌を救えるよう努めてまいります。